母親と絶縁して32年、内田春菊が書いた「母への最後の苦情」?

内田春菊が検索急上昇!

中学の同級生との交際、妊娠、中絶をきっかけに始まった養父による性的虐待、16歳での家出…?

さらに詳しく知りたい人のために、最新の関連ニュース記事や動画などをまとめました。

内田春菊に関する最新ニュース

  1. 母親と絶縁して32年、内田春菊が書いた「母への最後の苦情」

    中学の同級生との交際、妊娠、中絶をきっかけに始まった養父による性的虐待、16歳での家出……。人気漫画家・内田春菊さんの初の小説『ファザーファッカー』は、衝撃の自伝的長編として大ベストセラーとなり、映画化されるなど大きな話題を …

  2. 内田春菊、義父からの性的虐待を“実母”の目線で小説に。「何考えてんだ …

    漫画家で小説家の内田春菊さんが、自伝的長編小説『ファザーファッカー』(文藝春秋)を刊行したのは1993年のこと。幼少期から思春期に渡って過ごした家族の歪んだ関係性や、母親の魔の手によって16歳で義父(育ての父親)に差し出され、 …

  3. 大腸がんで人工肛門、お酒も恋愛もやめた 内田春菊さん

    4カ月で体重が10キロ落ちた。「ダイエットのおかげ」と漫画家の内田春菊(うちだしゅんぎく)さん(59)は最初、喜んでいた。 酒豪で知られ、食欲も旺盛だった。だが2人の娘の卒業式や入学式を控えた2015年春、スーツを着るとウエストが …

  4. 義父に犯される少女に迫った自伝的小説『ファザーファッカー』から25年母の …

    株式会社文藝春秋 電子書籍編集部では、11月22日(木)、内田春菊さんの新刊『ダンシング・マザー』の電子版を書籍と同時発売し、同日に既刊コミック4作品を電子書籍として発売いたします。

  5. 義父に犯される少女に迫った自伝的小説 『ファザーファッカー』から25年 母 …

    したたかで魅力的な女性キャラクターが活躍する内田春菊ワールドを、ぜひお楽しみください。 ◇電子書籍化に際しての内田春菊さんコメント◇. 本当にありがたい時代になったなあ、と思っています。電子書籍には、「絶版」ってないですもんね。

  6. 大腸がんとストーマの日常、赤裸々に 漫画で理解深めて

    漫画家の内田春菊さん(59)は2015年末、大腸がんが見つかった。ご飯や甘い物を制限するダイエットで便秘や痔(じ)になったと思い込んでいたが、食事をもとに戻しても体調が改善せず、検査を受けると病気が判明した。2016年4月にがん …

  7. ダイエットのはずだった 内田春菊さんを襲った大腸がん

    4カ月で体重が10キロ落ちた。「ダイエットのおかげ」と漫画家の内田春菊(うちだしゅんぎく)さん(59)は最初、喜んでいた。 「患者を生きる」はこちら · (2)微妙な位置にあった大腸がん、一時的な人工肛門に期待. 酒豪で知られ、食欲も旺盛だっ …

  8. (患者を生きる:3662)食べる 内田春菊とストーマ:3 普段の生活に戻る喜び

    漫画家の内田春菊(しゅんぎく)さん(59)は2016年4月、大腸がんを切除し、おなかに人工肛門(こうもん)(ストーマ)が付いた。 入院先の日本医科大病院(東京都文京区)で、初心者用のストーマ装具セットを受け取った。専門の看護師から …

  9. (患者を生きる:3661)食べる 内田春菊とストーマ:2 微妙な位置、肛門 …

    2015年、日本医科大病院(東京都文京区)で大腸がんが見つかった漫画家の内田春菊さん(59)は、まずは抗がん剤治療を受けることにした。抗がん剤が効いてがんが小さくなるなどすれば、手術しても一時的な人工肛門(こうもん)(ストーマ) …

内田春菊の関連動画

以上、内田春菊の最新情報をお伝えしました。