今日のGoogleロゴは藤田嗣治!松下幸之助、 小室哲哉、 ブルース・リー …?

藤田嗣治が検索急上昇!

レオナール・フジ…?

さらに詳しく知りたい人のために、最新の関連ニュース記事や動画などをまとめました。

スポンサーリンク

藤田嗣治に関する最新ニュース

  1. 今日のGoogleロゴは藤田嗣治!松下幸之助、 小室哲哉、 ブルース・リー …

    レオナール・フジタ (藤田嗣治、1886-1968) 1886年(明治19)、現在の東京都新宿区新小川町の陸軍軍医の家に生まれたフジタは、父の上司だった森鷗外の勧めもあり東京美術学校西洋画科に入学。当時主流であった明るい外光派風の …

  2. 11月27日は藤田嗣治の誕生日! 『没後50年 藤田嗣治展』、お祝い企画で …

    藤田嗣治の誕生日である11月27日(火)、京都国立近代美術館1階フォトコーナーにおいて、以下の①もしくは②を確認できましたら、藤田嗣治展オリジナルポストカードをもれなくプレゼントします。※オリジナルポストカードは5種類をご用意。1 …

  3. 岡崎 武志・評『旅する画家 藤田嗣治』『カササギ殺人事件』ほか

    旅する画家 藤田嗣治』も監修している。パリというイメージが強いフジタだが、じつはニューヨーク、中南米、アジア、日本では東北から沖縄まで旅する画家であった。10の場所と時代で画業を読み直す。 明治の牛込・大曲(おおまがり)で生まれ …

  4. 【Art Market Review】レオナール・フジタ、没後50年の今も根強い人気

    レオナール・フジタ(藤田嗣治 1886~1968年)の作品は、没後50年が経過した今もなお高い人気を誇る。9月29日にShinwa Auction(東京・中央)で開催された「近代美術/近代美術PartⅡ」のセールに出品された彼の作品についてレポート …

  5. 世界で闘うとはこういうことだ 先駆者・藤田嗣治の大回顧展

    世界の舞台で旋風を巻き起こした日本人は、何も大谷翔平が最初じゃない。アートの世界でいえば、20世紀にピカソやシャガールらとともに、巨匠と呼ぶにふさわしい地位を確立した人物がひとり。藤田嗣治である。 この記事の画像(6枚).

  6. 毎日新聞旅行のテーマのある旅 /大阪

    約370年を経て初公開・仁和寺「五大明王」壁画拝観と「没後50年・藤田嗣治展」鑑賞. 12月13日(木)。1万4800円。京都・御室の仁和寺に参拝し、金堂の密教壁画「五大明王」を特別拝観。江戸時代の17世紀半ばに描かれて以来約370年 …

  7. 没後50年 藤田嗣治展

    乳白色の裸婦」で知られ、おかっぱ頭と丸めがねが印象的な画家、藤田嗣治(1886-1968)。今から約100年前、パリで成功を収め、海外で活躍する日本人画家のパイオニアとなった画家です。没後50年の節目となる今年、初期から晩年まで藤田の画業の …

  8. 藤田嗣治、おかっぱ姿の最も古い自画像見つかる

    日仏両国で活躍し「エコール・ド・パリ(パリ派)」の一人とされた画家、藤田嗣治(レオナール・フジタ、1886~1968年)のおかっぱ頭の姿が分かる自画像が見つかった。調査した栃木県立美術館(宇都宮市)によると、最も古いもので、専門家 …

  9. 没後50年 画家・藤田嗣治が描いた「女と猫」

    レオナール・フジタ”の名でも知られる近代を代表する画家・藤田嗣治。その作品はピカソも一目置くほどオリジナリティーに富み、世界が注目した。エコール・ド・パリを代表する唯一の日本人画家としてモディリアーニやジャン・コクトーらとも交流 …

藤田嗣治の関連動画

以上、藤田嗣治の最新情報をお伝えしました。