清水エスパルス久米一正ゼネラルマネジャー(GM)が大腸がんのため63歳 …?

清水エスパルスが検索急上昇!

日本サッカー協会の日本サッカーリーグ事務局長を務めた後、柏レイソルや清水エスパルス、名古屋グランパスの重役として日本サッカー界に貢献し続けていた?

さらに詳しく知りたい人のために、最新の関連ニュース記事や動画などをまとめました。

清水エスパルスに関する最新ニュース

  1. 清水エスパルス久米一正ゼネラルマネジャー(GM)が大腸がんのため63歳 …

    日本サッカー協会の日本サッカーリーグ(JSL)事務局長を務めた後、柏レイソルや清水エスパルス、名古屋グランパスの重役として日本サッカー界に貢献し続けていた。また、名古屋では2010年にクラブ初のリーグ優勝を達成。2015年に同 …

  2. 久米一正氏が死去 J1清水エスパルスGM

    久米 一正氏(くめ・かずまさ=J1清水エスパルスゼネラルマネージャー)11月23日、大腸がんのため死去、63歳。 日立製作所で選手として活躍した後、日本サッカーリーグ事務局長や名古屋グランパスエイト社長などを歴任し、2018年1月から …

  3. 大荒れとなった清水エスパルスvsヴィッセル神戸戦 スペイン紙も注目

    明治安田生命J1リーグ第33節の清水―神戸(IAIスタジアム日本平)がJ史上に残る大荒れ試合となった。後半追加時間の表示は4分だったが、選手の負傷で試合が中断。その後なかなか試合終了の笛が吹かれず、後半ロスタイム14分には …

  4. 鄭大世が試合後判定に苦言 乱闘騒動めぐり「審判も学んだと思う」

    24日、J1第33節で清水エスパルスとヴィッセル神戸が対戦し、3-3で迎えた後半アディショナルタイム15分に両軍が入り乱れる乱闘騒動が勃発し、その後に神戸FWウェリントンが清水GK六反勇治を投げ飛ばす衝撃行動などで会場は騒然と …

  5. 前代未聞のアクシデント頻発…鄭大世が荒れた原因を指摘「審判の方も …

    清水FW 鄭大世 が大荒れ試合の原因について言及. [11.24 J1第33節 清水3-3神戸 アイスタ] 清水エスパルスのFW鄭大世が大荒れとなったJ1第33節・ヴィッセル神戸戦(3-3)について言及している。 試合終盤に神戸はMF藤田直之とFW …

  6. モンテディオ山形と大分トリニータ・清水エスパルスが“特産品”交流

    J2リーグのモンテディオ山形とJ1リーグで躍進を遂げている清水エスパルス、そして今季J2リーグを2位で終え6年ぶりとなるJ1昇格を果たした大分トリニータとの“交流”がファンの間で話題を呼んでいる。 これは11月15日、清水エスパルスの …

  7. 清水エスパルスvsヴィッセル神戸 11月24日

    清水対神戸の通算37試合では、清水が21勝3分13敗と大きく勝ち越している。前回対戦では、4-2で清水が勝利を挙げた。 ・清水はホームでの神戸戦で現在5試合連続未勝利(2分3敗)。この間、13失点を喫しているが、それ以前には …

  8. 退場に激高しGK投げ飛ばす/大荒れロスタイム経過

    清水エスパルス-ヴィッセル神戸戦は、後半ロスタイムが大荒れとなった。19分にも及んだロスタイムの詳細は次の通り。 ◇ ◇. □後半44分57秒 神戸FWウェリントンを投入。3-2で神戸がリードした状態でロスタイム突入(表示+4分).

  9. 久米一正氏死去

    サッカーJ1清水エスパルス副社長兼ゼネラルマネジャーの久米一正氏が23日午後、大腸がんのため死去した。63歳だった=5月撮影【時事通信社】. 関連記事. 〔写真特集〕サッカーW杯 歴代日本代表全選手~ゴン・井原から本田・香川まで …

清水エスパルスの関連動画

以上、清水エスパルスの最新情報をお伝えしました。